確かな技術を持つ大陽鋼球軸受株式会社

大陽鋼球軸受株式会社で取り扱っている製品のメインとなるのが、「転がり軸受用鋼球」です。スチールボールの規格のひとつで、寸法、鋼の材料、検査方法などまで品質基準が細かく決まっています。

スチールボールの用途は、ベアリングの部品が主です。ベアリングは軸受ともいい、軸を支えて回転するための部品です。ベアリングにおいて、スチールボールは軸の回転をスムーズにし、摩擦を減少させて熱を抑えることで、部品が焼き付いてしまうのを防ぐ働きを持っています。

自動車やエアコン、飛行機や人工衛星にいたるまで、あらゆる場所でスチールボールは使われており、部品の焼き付きや故障は安全性に甚大な影響を及ぼします。高品質のスチールボールの需要は非常に高いと言えるでしょう。

日本は丈夫かつ精密なベアリングを製造することにおいて、世界でもトップクラスの技術を持っていると言われています。中でも50年以上の歴史を持ち、確かな技術で業界からの信頼を得ているのが大陽鋼球軸受株式会社です。長年、スチールボールを専門に取り扱っており、年々多様化していくニーズに対応してきました。現在は軸受用鋼球をはじめとして、炭素鋼球や真鍮球、プラスチック球、セラミック球なども手掛け、高い評価を得ています。愛媛県行ってみない?